2017年05月04日(木)

第4回 阪急パンフェア2017に高級デニッシュ食パンを出品します

第4回 阪急パンフェア2017

第4回 阪急パンフェア2017

2017年5月3日(水)~5月8日(月)まで阪急うめだ本店で行われる人気のパンフェスティバル「第4回 阪急パンフェア2017」に出品します。グロワールは食パン・限定パン・ご当地パンなどが集まる、人気の集積コーナーにて高級デニッシュ食パン「パンドグロワール」を3日、6日、7日に販売して頂きました。

第4回 阪急パンフェア2017でパンドグロワールを販売

第4回 阪急パンフェア2017でパンドグロワールを販売

お買上げありがとうございます。「パンドグロワール」はオンラインショップでもお買い求め頂けます。おすすめの食べ方は、発酵バター香るフレンチトーストです。

関連リンク


2017年05月04日(木)

第3回ジェイアール京都伊勢丹パンフェスティバル2017に出品します

パンロット山田慎さんのレビューは毎度詳しくて感心させられる。

「記憶に残る高級デニッシュ食パン」

とは前回2016年8月、ジェイアール京都伊勢丹パンフェスティバルで、パンロット山田氏が選ぶBEST8にて、グロワ―ルのパネトーネを使った食パン「パンドグロワール」について書いて下さった時のタイトルで、とても分かりやすく興味を持つ感じに書いて下さっています。

京都伊勢丹パンフェスティバルでパンドグロワールが「記憶に残る高級デニッシュ食パン」として紹介されました。

京都伊勢丹パンフェスティバルでパンドグロワールが「記憶に残る高級デニッシュ食パン」として紹介されました。

そして今回の2017年5月10日(水)~15日(月)のJR伊勢丹パンフェスティバルにはグロワールで20年以上作り続けられているカレーパン「ぼっかけカレーパン」を、同じく「好評企画! パンロット山田氏が選ぶBEST8」にて紹介して頂いています。

JR京都伊勢丹パンフェスティバル「パンロット山田氏が選ぶBEST8」

JR京都伊勢丹パンフェスティバル「パンロット山田氏が選ぶBEST8」

JR京都伊勢丹パンフェスティバル「パンロット山田氏が選ぶBEST8」で「ぼっかけカレーパン」が紹介されました。

JR京都伊勢丹パンフェスティバル「パンロット山田氏が選ぶBEST8」で「ぼっかけカレーパン」が紹介されました。

「read more」を押すと詳しく書いているのを読めるのです。「神戸長田名物ご当地グルメを浪花節に」と言うタイトルに胸が熱くなりました。詳しく書いて下さってるので是非一度読んでみて下さい。

グロワールは期間中ぼっかけカレーパンを各日50個限定で正午からの販売です。また、11日正午からは金ごま食パンを正午から、10日と13日はパンドグロワールを、同じく正午から販売して頂きますので、是非お越し下さいませ。


2017年02月07日(火)

パン屋のグロワールの歴史について

パン屋のグロワールの店内(2016年1月に撮影)

パン屋のグロワールの店内(2016年1月に撮影)

こんにちは、パン屋のグロワールです。当店を最近知った方に少し自己紹介を致します。

グロワールキムラヤの由来について

グロワールは1960年5月に国道1号線沿いと大阪千林商店街の交わった先にある大宮町に開店しました。半世紀を越え、今年で57年目になります。

先代は酒種あんぱんで有名な「木村屋」で修行してたので、その頃は「大宮木村屋」と呼ばれていました。今から30年前(1986年)、改装したときに当時使っていたコトブキべーキングマシンの窯が「グロワール」という名称で、その名前からとって、「グロワールキムラヤ」に店名を変更致しました。

ショーケーススタイルからセルフトレイへ

昔はショーケースの中でパンを並べて販売していましたが、ある時期からお客様がパンをトレイに乗せてレジまで運んでくる、今では当たり前のセルフトレイのスタイルになりました。ショーケーススタイルだった頃は、徳島県から沢山の女性が働きに来てくださっていて、狭い店内に店員さんが4名もおりました。スーパーもコンビニも無かった時代は、日曜の朝などに他に開いてる店も無かったので、大宮商店街を歩いてるほとんどの人が、朝早くから開いてるグロワールキムラヤのパン袋を持っていました。

グロワールキムラヤからパン屋のグロワールへ

次に大々的に改装をしたのは今から7年ほど前になります(2009年)。そのときは今のシェフが2代目になり、かっこいい「ブーランジェリー・グロワール」にするか、自然体で「グロワール」にするか考えましたが、「ウチはフランスのパン屋さんみたいなブーランジェリーって柄じゃないね」ということで、「パン屋のグロワール」として落ち着くこととなりました。

自家製天然酵母パンの取り組みについて

時代の変化と共に作るパンも徐々に変わっていきました。昔はオーソドックスでレトロなパンが多かったのですが、当店は世間では「天然酵母」という言葉も一般的でない頃から、自家製天然酵母パンを作り始めています。商店街という土地柄、自家製酵母のパンは地元の皆さまに浸透するのに時間はかかりましたが、今ではグロワールの自家製酵母パンや食パンは、地域のお客様から愛される存在となりました。

ちくわパンやお好み焼きパン、たこ焼きパンも随分前に作っていたのですが、今、雑誌などで見かけると不思議な気持ちになります。長い事やってると流行りも何回か巡ってきて当然ですよね。

約2年がかりの高級デニッシュ食パン「パン・ド・グロワール」

今、当店で1番人気なのは「パン・ド・グロワール」という高級デニッシュ食パンです。20年ほど前、2代目のシェフがイタリアの野生酵母である「パネトーネ種」を使った生地を食パンにしようと考えつきました。試行錯誤を経て、完成まで約2年程かかりましたが、やっと形が安定して、デニッシュタイプの食パンとして百貨店や催事でもグロワールのイチオシとして販売しております。去年の末、またプチリニューアルをして、そのときもたくさんのお客様に来て頂きました。

高級デニッシュ食パン「パン・ド・グロワール」

高級デニッシュ食パン「パン・ド・グロワール

大阪千林大宮のお客様とともに歩んでいきます

パン屋のグロワールは長い間、地域のお客様と共に歩んで参りました。これからも皆様に喜んで頂けるお店を目指します。どうぞ末永くよろしくお願い致します。

関連リンク


2017年01月19日(木)

バレンタインのチョコレートパン、ショコラのシュトーレンを販売しています。

マジパンとクーベルチュールチョコレートのバレンタイン限定ショコラシュトーレン

マジパンとクーベルチュールチョコレートのバレンタイン限定ショコラシュトーレン

2017年のグロワール、新作をお知らせいたします。毎年、バレンタインシーズンに販売しているチョコレートのパンですが、今年はさらに美味しい商品を作りました。通販にもお店にもショコラ・シュトーレンショコラのパン・ド・グロワールショコラーデン・プレッツェルの甘いひとときハートのチョコパン(メッセージ入り)が並びます。この機会にぜひお買い求めくださいませ。

続きを読む »


top