2019年07月03日(水)

【夜中の呟き】twitterにパンドグロワールのことを書いてみました

夜中の呟きです。twitterでパンドグロワールについて書いてみました。

実はパンドグロワールをデニッシュ食パンだと思って見てなかったんです。パンドグロワールは「パンドグロワール」なので。ブリオッシュの様なリッチな生地をパネトーネ種でじっくりじっくり熟成させる事64時間(できるまでにかかった時間)バターを織り込んでいますし、とても手間隙と時間のかかる食パンです。なのでとても原価が高く、そのせいでうちは儲かっていません(笑)。商店街なのであまり高いパンを売れないのでお値段もとてもリーズナブルです。

だから最近の食パンブームを不思議な気持ちで見ています。グロワールは来年60年。パンドグロワールは途中で生まれてずっと進化をしてきました。改良に改良を重ねより良い方に向かう様にしたのです。番組で取材に来られた時デニッシュとクロワッサンの違いについて詳しく聞かれたとき「そういえばデニッシュの生地みたいなものだ」と思いました。

バターを多く含んでいて食パンケースに入れられて焼いてる時に中のバターの一部が溶け出しそれが表面(特に底面)を揚げ焼きの様にカリカリにするのです。塩パンの美味しい理由と同じです。塩パンも溶け出したバターで底が揚げ焼きの様になりカリカリなのです。そのためパンドグロワールの皮はとても美味しく内層と全然違うのです。

内層は卵が沢山入っているので黄色味ががっていて焼きたてをカットすると中がキラキラと潤っています。売り場では茶色い塊の様に見えなくもないパンドグロワールですがカットすると全く違う色なのです。だから初めてご覧になるお客様は1.5斤カットなしと中が見えるハーフサイズが並んでいてもこれが半分だとピンとこない方もおられるのです。ハーフの方が売れるのはその為もあるかもしれません。この様に見た目のギャップがあるパンドグロワールですがクラムとクラストの差を同時に楽しんで頂ける食パンでもあります。

パンドグロワールのもう一つの魅力はなんといってもパネトーネ種です。パネトーネ種はイタリアのコモ地方の風土や自然が育てた酵母と乳酸菌の複合体の自然発酵種で、その土地でしか中々育てるのは難しいらしいのです。ネットでパネトーネ種を顕微鏡で拡大したものを見ると酵母に酵母より小さな乳酸菌が沢山ひっついてるのが見えます。自然発酵パネトーネ種の中には酵母、数種の乳酸菌、酵素が仲良く共存しあっていて、それが生地の熟成期間中じっくりと生地を改良していってくれます。

酵素は生地の進展性を良くしたり釜伸びを良くしたり、乳酸菌は生地のphを下げ、焼けたパンが傷みにくく日持ちする様にしてくれたり、焼成後も旨味を残し、独特の芳香を醸し出してくれます。袋を開けて顔を突っ込みスーっと香りをかぐと、デニッシュ系の良い香りと共に少し酸味を帯びたレアな香りがしますがこれが乳酸菌発酵の香りなのです。

グロワールは食パンが10種類ありますが、どれも封を開けて顔を突っ込み香りをスーっと嗅ぐと全く違う香りがします。パネトーネ種の食パンは4種類ありますがどれも少しずつ違った芳香を醸し出していますし、みなみ食パンは自家製酵母と熊本産小麦の香りがしますし、金ごま食パンは香ばしい炒りごまとリッチな太白ごま油の香りが食欲をそそります。リーンな食パンの香りを嗅いでからパンドグロワールの香りを嗅ぐと独特な芳香が探せると思います。

パン屋のグロワールのツイッター公式アカウント
パンドグロワールの通販サイト


2019年06月28日(金)

朝日放送キャスト- cast「いまこのパンが香ばしい」でパンドグロワールが紹介されました

6月25日の朝日放送「cast – キャスト」の「いまこのパンが香ばしい」のコーナーでパンドグロワールをご紹介頂きました。

パンシェルジュの吉田結衣さんと佐藤修平アナウンサーのお二人がグロワールに来て下さいました。テーマは「デニッシュ食パン」。グロワールのパンドグロワールはその美味しさで番組に選んで頂いたそうです。

しっかり者の吉田さん



窯に入れる前のパンドグロワールです。中種を練り出してから63時間。その間じっくりと熟成させていきます。

焼き上がったパンドグロワールは黄金色に輝いています。

皮はデニッシュ特有のサクッとした食感なのですが内層はソフトでしっとりとプルプルとしています。とてもデリケートな状態なのです。

パンドグロワールはパネトーネ種を使っています。パネトーネ種は酵母、乳酸菌、酵母の複合体で熟成中から焼成後も生地を改善し、日持ちのするパンに変えてくれるのです。

そしてお二人にパンドグロワールで作ったフレンチトーストを召し上がって頂きました。

お二人に気に入って頂いた記念に期間限定で店内でもフレンチトーストを販売中です。

パンドグロワールのフレンチトーストにホイップクリームとフルーツをトッピング。

パンドグロワールは連日増量中です。グロワールのオンラインショップでも販売中!どうぞよろしくお願い致します。

グロワール1番人気「パン・ド・グロワール」


2019年06月23日(日)

フェリシモのパンチョイス便にグロワールが登場!

JR+FELISSIMO EVERYTHING FROM JAPAN MARKETのパンチョイス便に参加致しました。そしてお得なパンセットも誕生!

グロワールのパンとダイレクトトレードコーヒーがセットのお得なパンセット。パンチョイス便で案内しているお店、グロワール、田代珈琲から代表的な味をセットにしてお届けします。

おいしいパンと、パンにあうコーヒーで癒やしのパンタイムを楽しみませんか?

フェリシモ【送料無料】グロワール お得なパンセット【パンチョイス便】


2017年05月04日(木)

第4回 阪急パンフェア2017に高級デニッシュ食パンを出品します

第4回 阪急パンフェア2017

第4回 阪急パンフェア2017

2017年5月3日(水)~5月8日(月)まで阪急うめだ本店で行われる人気のパンフェスティバル「第4回 阪急パンフェア2017」に出品します。グロワールは食パン・限定パン・ご当地パンなどが集まる、人気の集積コーナーにて高級デニッシュ食パン「パンドグロワール」を3日、6日、7日に販売して頂きました。

第4回 阪急パンフェア2017でパンドグロワールを販売

第4回 阪急パンフェア2017でパンドグロワールを販売

お買上げありがとうございます。「パンドグロワール」はオンラインショップでもお買い求め頂けます。おすすめの食べ方は、発酵バター香るフレンチトーストです。

関連リンク


2017年05月04日(木)

第3回ジェイアール京都伊勢丹パンフェスティバル2017に出品します

パンロット山田慎さんのレビューは毎度詳しくて感心させられる。

「記憶に残る高級デニッシュ食パン」

とは前回2016年8月、ジェイアール京都伊勢丹パンフェスティバルで、パンロット山田氏が選ぶBEST8にて、グロワ―ルのパネトーネを使った食パン「パンドグロワール」について書いて下さった時のタイトルで、とても分かりやすく興味を持つ感じに書いて下さっています。

京都伊勢丹パンフェスティバルでパンドグロワールが「記憶に残る高級デニッシュ食パン」として紹介されました。

京都伊勢丹パンフェスティバルでパンドグロワールが「記憶に残る高級デニッシュ食パン」として紹介されました。

そして今回の2017年5月10日(水)~15日(月)のJR伊勢丹パンフェスティバルにはグロワールで20年以上作り続けられているカレーパン「ぼっかけカレーパン」を、同じく「好評企画! パンロット山田氏が選ぶBEST8」にて紹介して頂いています。

JR京都伊勢丹パンフェスティバル「パンロット山田氏が選ぶBEST8」

JR京都伊勢丹パンフェスティバル「パンロット山田氏が選ぶBEST8」

JR京都伊勢丹パンフェスティバル「パンロット山田氏が選ぶBEST8」で「ぼっかけカレーパン」が紹介されました。

JR京都伊勢丹パンフェスティバル「パンロット山田氏が選ぶBEST8」で「ぼっかけカレーパン」が紹介されました。

「read more」を押すと詳しく書いているのを読めるのです。「神戸長田名物ご当地グルメを浪花節に」と言うタイトルに胸が熱くなりました。詳しく書いて下さってるので是非一度読んでみて下さい。

グロワールは期間中ぼっかけカレーパンを各日50個限定で正午からの販売です。また、11日正午からは金ごま食パンを正午から、10日と13日はパンドグロワールを、同じく正午から販売して頂きますので、是非お越し下さいませ。


2017年02月07日(火)

パン屋のグロワールの歴史について

パン屋のグロワールの店内(2016年1月に撮影)

パン屋のグロワールの店内(2016年1月に撮影)

こんにちは、パン屋のグロワールです。当店を最近知った方に少し自己紹介を致します。

グロワールキムラヤの由来について

グロワールは1960年5月に国道1号線沿いと大阪千林商店街の交わった先にある大宮町に開店しました。半世紀を越え、今年で57年目になります。

先代は酒種あんぱんで有名な「木村屋」で修行してたので、その頃は「大宮木村屋」と呼ばれていました。今から30年前(1986年)、改装したときに当時使っていたコトブキべーキングマシンの窯が「グロワール」という名称で、その名前からとって、「グロワールキムラヤ」に店名を変更致しました。

ショーケーススタイルからセルフトレイへ

昔はショーケースの中でパンを並べて販売していましたが、ある時期からお客様がパンをトレイに乗せてレジまで運んでくる、今では当たり前のセルフトレイのスタイルになりました。ショーケーススタイルだった頃は、徳島県から沢山の女性が働きに来てくださっていて、狭い店内に店員さんが4名もおりました。スーパーもコンビニも無かった時代は、日曜の朝などに他に開いてる店も無かったので、大宮商店街を歩いてるほとんどの人が、朝早くから開いてるグロワールキムラヤのパン袋を持っていました。

グロワールキムラヤからパン屋のグロワールへ

次に大々的に改装をしたのは今から7年ほど前になります(2009年)。そのときは今のシェフが2代目になり、かっこいい「ブーランジェリー・グロワール」にするか、自然体で「グロワール」にするか考えましたが、「ウチはフランスのパン屋さんみたいなブーランジェリーって柄じゃないね」ということで、「パン屋のグロワール」として落ち着くこととなりました。

自家製天然酵母パンの取り組みについて

時代の変化と共に作るパンも徐々に変わっていきました。昔はオーソドックスでレトロなパンが多かったのですが、当店は世間では「天然酵母」という言葉も一般的でない頃から、自家製天然酵母パンを作り始めています。商店街という土地柄、自家製酵母のパンは地元の皆さまに浸透するのに時間はかかりましたが、今ではグロワールの自家製酵母パンや食パンは、地域のお客様から愛される存在となりました。

ちくわパンやお好み焼きパン、たこ焼きパンも随分前に作っていたのですが、今、雑誌などで見かけると不思議な気持ちになります。長い事やってると流行りも何回か巡ってきて当然ですよね。

約2年がかりの高級デニッシュ食パン「パン・ド・グロワール」

今、当店で1番人気なのは「パン・ド・グロワール」という高級デニッシュ食パンです。20年ほど前、2代目のシェフがイタリアの野生酵母である「パネトーネ種」を使った生地を食パンにしようと考えつきました。試行錯誤を経て、完成まで約2年程かかりましたが、やっと形が安定して、デニッシュタイプの食パンとして百貨店や催事でもグロワールのイチオシとして販売しております。去年の末、またプチリニューアルをして、そのときもたくさんのお客様に来て頂きました。

高級デニッシュ食パン「パン・ド・グロワール」

高級デニッシュ食パン「パン・ド・グロワール

大阪千林大宮のお客様とともに歩んでいきます

パン屋のグロワールは長い間、地域のお客様と共に歩んで参りました。これからも皆様に喜んで頂けるお店を目指します。どうぞ末永くよろしくお願い致します。

関連リンク


2017年01月19日(木)

バレンタインのチョコレートパン、ショコラのシュトーレンを販売しています。

マジパンとクーベルチュールチョコレートのバレンタイン限定ショコラシュトーレン

マジパンとクーベルチュールチョコレートのバレンタイン限定ショコラシュトーレン

2017年のグロワール、新作をお知らせいたします。毎年、バレンタインシーズンに販売しているチョコレートのパンですが、今年はさらに美味しい商品を作りました。通販にもお店にもショコラ・シュトーレンショコラのパン・ド・グロワールショコラーデン・プレッツェルの甘いひとときハートのチョコパン(メッセージ入り)が並びます。この機会にぜひお買い求めくださいませ。

続きを読む »


top